本会について

本会について

2017年7月25日火曜日

8月9月は新宿でアート!22期生戸川木蘭さん、美術科坂本匡之さん、10期生蟹江杏さん

卒業生、教員の展示が各所で行われています。

9月7日~12日
<<開催中>>

蟹江杏(10期生)
シェイクスピア絵本原画展






ヒルトピア アートスクエア(西新宿東京ヒルトンB1)
11:00~19:00 最終日は~17:00

8月3日~8月8日(最終日16:00閉場)
海の藍・陸の蘭
戸川木蘭(22期生)

<<終了いたしました>>

絵と金属作品を展示します。
一部屋全部に自分の作品を置くのは初めてなので、恐れ多いやら緊張やらでドキドキしています…
未熟ながらも自分の世界を精一杯表現できたらなと思っているので、お時間が合えば、ぜひお立ち寄りくださると嬉しいです。
DMは大学の友人である、基礎デ(武蔵野美術大学)の鮎沢紗希さんに作ってもらいました!
とっっってもかっこよくて素敵なデザインになっているので、ぜひDMを貰って欲しいです!
実際のものは紙がメタリックで更にかっこいい仕上がりになってます。
よろしくお願い致します。



8月14日~29日
坂本匡之(美術科教員)
ものがたる・坂本匡之展

<<終了いたしました>>



9月7日~12日
<<まもなく開催>>

蟹江杏(10期生)
シェイクスピア絵本原画展

昨年発売された「夏の夜の夢」の原画をふたたび展示









蟹江杏さん練馬区イベントでライブペインティング

10期生蟹江杏さん 練馬区こどもアートアドベンチャーのプロデュース・出演


好評にて終了いたしました

来場者9000人!

練馬区が板橋区から分離独立して70年記念のイベント

 2017年8月1日(火)  午前10時~午後5時(予定)

区民・産業プラザ3階 Coconeri(ココネリ)ホール、産業イベントコーナー、研修室

   西武池袋線・西武有楽町線・都営大江戸線「練馬駅」北口直結
    ※車でお越しの方は、練馬駅北口駐車場(有料)をご利用ください。

松本零士先生も関わってくださることが急遽決まった、練馬区独立70周年のメインイベントの1つ。
「こどもアートアドベンチャー」のプロデュースをさせて頂いています!!








練馬区のサイトはこちら


ライブペインティング

「お絵かきお姉さん」こと版画家の蟹江杏さんが子ども達と一緒に大きなキャンバスに絵を描きます。




























この企画は毎年、私がプロデュースさせて頂いているお馴染み新宿クリエイターズ・フェスタ「こどもアート」を見てくださった練馬区の方が「是非!練馬区の子どもたちへも」と言ってくださり実現しました。

新宿区の方も今年はさらにパワーアップして行います。
いわば兄弟姉妹のようなイベントです。




2017年7月9日日曜日

山極千真沙さん(19期生、陶芸)京都でグループ展

フェイバリット・アート展

7月18日(火)~30日(日)
12:00~19:00(月休、日曜日~17:00)

<<終了いたしました>>

京都在住の山極千真沙さんが参加します。

山極さんの作品は、画像中央の家をモチーフにした陶器です。


ギャラリーモーニング
京都市東山区 三条通り 岡崎広道 南西角
075-771-1213

ギャラリーのページはこちら







2017年7月6日木曜日

11期生 ガラス作家 松尾一朝さん 銀座で4人展

11期生ガラス作家 松尾一朝さん 4人展


「ガラス彩々 夏の光を集めて」

<<好評にて終了いたしました>>

ガラス作家の広沢葉子さん、松浦あかねさん、中村敏康さんとの4人展です。
7月21日(金)〜30日(日)



                             松尾さん作品
7月22日(土)14:00より、松尾さんトーク
銀座和光 本館6階 和光ホール
10:30〜19:00(最終日は17時まで)
和光はこちら
展覧会情報はこちら

会場が広いため4人展ですが、個展と同数程度の作品を展示販売いたします。ハニカム、点々織、種シリーズの珠箱や、ハニカム模様の器など120点ほど並ぶ予定です。
22日(土)と23日(日)に作家によるギャラリートークが予定されています。
私は22日にトーク予定です。あまりかしこまった感じではなく、作品について説明する感じになると思います。(松尾一朝)


松尾一朝さんの作品は、「もりのあと」6号の表紙にて、紹介しています。
もりのあと バックナンバーはこちら


自由の森学園の教育を支える会






10期生蟹江杏さん 軽井沢現代美術館作品展 第2期へ

自由の森学園高校10期生蟹江杏さんの作品展
軽井沢現代美術館2階ギャラリーで開催

<<展示替え>>7月6日から


7月6日より、第2期目の展示となります。展示替えをいたしました。


「蟹江杏が出会った子どもたちへ向ける眼差し、そして絵本の原画からみえてくるもの」



アリス絵本原画をはじめ赤ずきんやチルチルミチルなど、親しみやすい童話の登場人物たちや、実際私が出会った子どもたちをモデルにした作品などが中心に展開。
夏休みには、公開制作もする予定です。

4月27日~11月23日 10:00~17:00 
休館日 4月下旬〜11月の火曜日・水曜日 (GW及び、夏期は無休開館)

「それは、線と色の魔法」




軽井沢現代美術館はこちら

美術館、ギャラリー含めて入場料が必要です。
一般1000円 シニア800円
紅茶またはジュースとクッキーが付きます。

蟹江杏さんの対談は、「もりのあと」2号
作品は「もりのあと」7号(Jiyucolor特集)にて
紹介しています。

Ⅲ期目の展示は、9月20日頃からの予定です。






2017年7月1日土曜日

2期生セキマサトさん 革製品展示販売中 伊勢丹立川店

2期生セキマサトさん
伊勢丹立川店にて レザーバッグ革小物 展示販売

<<終了いたしました>>





会場 伊勢丹立川店6階丸善イベントスペース
会期 2017/6/28(水)~7/4(火)7日間
営業時間 10:00~19:00
催事タイトル オリジナルレザーバッグ・革小物 SORABE

セキマサト





12期生 関美穂子さん(型染め作家)京都で個展

12期生 型染め作家 関美穂子さん 京都で個展

<<好評にて終了いたしました>>

2017年7月14日(金)〜23日(日)

11:3019:00期間中休み無し 京都 

ギャラリー・雑貨 Kitにて 新烏丸通丸太町上がる







2年まえくらいの冬に布展をしましたが、今度は紙です。型染めをやり始めた頃から作っているマッチや蔵書票、、額絵や工作を、展示します。
よかったらおこしください。
以下キットさんの文章より、、
素敵に書いてくれました。(関美穂子)

型染め家・関美穂子の作品展。
当店では「PART.1 布」に引き続くシリーズで、紙を素材とします。

kitさんのサイトはこちら

子どもの頃から味のあるマッチ箱を見つけては、内に細やかなジオラマを作って遊んでいたという。小さな四方の中に楽しいパラレルワールドを作ることが好きだった少女は、型染めという表現を身につけ、まだまだ夢中で遊んでいます。図案は普段の生活から着想を得ていることも多いようですが、なんとも奇妙。近づいて見ていると、私の
心にも少しずつ不思議の国へと通ずる穴が空いて、広がっているような。確かに関美穂子ワールドは存在している!

*蔵書票、マッチ箱、ブックカバーといった嗜好品的小作品を中心に、型絵染作品をズームした卵殻細工のジオラマも制作します。

Kit(キット)
    2015330日(月)にリニューアルオープン致しました。
    PLEASE GO UPSTAIRS.
    いつもは2階を開けています。(1階は企画のギャラリー、2階は常設の雑貨クラフト展示販売)


602-0875
京都市上京区信富町299










関美穂子さんのブログはこちら

関美穂子さんの仕事の様子は、「もりのあと」で紹介しています。
バックナンバーはこちらから